ProductsEL水位指示標

曇り空

EL水位指示標について

夜間の水位を目視可能にした"全国初"の水位指示標

地球温暖化に伴うゲリラ豪雨などの異常気象により毎年各地で甚大な被害が発生しております。
自治体はテレメーター、監視カメラを使って水位を判断し、避難勧告などの発令を行っていますが、夜間に於いては、水位指示標の目視が出来ず、テレメーターのみに頼っています。
今回開発したEL水位指示標は夜間でも監視カメラによる目視を可能とし、より夜間の安全を増すものです。
現在福岡県では九州北部豪雨で被害を受けた河川に設置しています。

従来の量水計と併用する。

従来の量水計と併用する。

夕暮れ時になると自動的に点灯。

夜の暗闇で、量水計目盛りは確認できないが、EL指示標は、はっきりと確認できる。

夜の暗闇で、量水計目盛りは確認できないが、EL指示標は、はっきりと確認できる。

無機ELパネルをラミネート加工後にい化ガラスで防水加工。

無機ELパネルをラミネート加工後、強化ガラスの枠を付け完全な防水加工を施す。

防水加工の図

施工例

設置については電気工事が必要です。
場所によっては、受電設備が整ってない場所もあります。
そのような場合、リチウムバッテリーとソーラー発電により設置が可能です。
河川によって設置環境は違いますが、設置に関しては、橋梁図面、電気系統図、現地調査などが必要な場合がありますので、詳しくは担当者にお尋ねください。

福岡県土整備部南筑後県土整備事務所沖端川松原橋設置

福岡県土整備部南筑後県土整備事務所沖端川松原橋設置

福岡県土整備部南筑後県土整備事務所沖端川新村橋設置

福岡県土整備部南筑後県土整備事務所沖端川新村橋設置

国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所花月川設置

国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所花月川設置

国土交通省関東地方整備局渡良瀬川文三樋管設置

国土交通省関東地方整備局渡良瀬川文三樋管設置

EL水位指示標

水位表示板設置図 配管設置面
指示標仕様
構造図
ELパネル仕様
稼働温度 -20℃~50℃
保管温度 -30℃~60℃
輝度 100~160cd/㎡
消費電力 20~30W/㎡
電流 1.0~1.5A/㎡
光波長 450nm~750nm
寿命 5000h~20000h
インバータ仕様
電圧 定格入力AC100V
稼働電圧 AC60~220V
稼働温度 -20~60℃
稼働周波数 50/60Hz
消費電力 36~60W(最大値)

オプションシステム

Explanation01ソーラー発電システム

水位指示標の発光部(ELシート)4枚を、フロートスイッチの接点信号で制御します。
最下位の指示標は夜間常時点灯、上位3枚の指示標は水位が接点を超えたときのみ点灯します。
太陽電池システムからの信号により、昼間は非常灯とし電力を節減します。
夜間および一定照度以下になるとELが点灯します。
制御系は24時間スタンバイ状態にあり、水位が接点を超えた場合には、昼夜を問わず信号を出力する機能を持っています。

ソーラー発電システム
回転灯

Explanation02回転灯

水位が避難判断水位を超えると黄色、はん濫危険水位を超えると赤色の回転灯を点灯します。
回転灯は昼間にも点灯し、遠方からでも水位が警報レベルに達したことを視認することができます。
本機能のため、避難判断水位、はん濫危険水位に水位センサを設置します。
水位検出回路は、EL制御部と同様にヒステリシス特性を持っています。※回転灯が回り出すタイミングはクライアントが指定できます。

Explanation03警報のメール送信

水位がはん濫注意水位、避難判断水位、はん濫危険水位に達した時、あらかじめ登録された関係先へその旨を通知するメールを一斉に送信します。
水位が上記それぞれの水位以下まで低下した時にも、その旨を通知するメールを一斉に送信します。
水位は、それぞれの位置に設置された水位センサで検出します。
避難判断水位、はん濫危険水位のセンサは回転灯の点灯用と併用します。※メール送信にはLTE対応接点遠隔監視装置を本制御装置内に設置して利用します。
※警報メールの送信にはNTTドコモとの契約(LTEデータ通信、インターネット接続)が必要です。この場合、メールの一斉送信先は10アドレスまでです。
※メール転送サービスなどを利用することで10アドレス以上の通報先にメールを送信することも可能です。

警報のメール